腰痛 ひざ痛の予防に!運動前に歪みを整える簡単体操を紹介

運動をしよう!

スクワットをしよう!

今日から走ろう!

意欲が出てくる季節ですが、焦って運動を開始したら

膝が痛くなった

腰が痛くなった

なんてことありませんか?

気持ちが先行して身体がその動きができる段階でないことがあります。
運動する前に身体を整えることが大切になります。
運動する前に整えたいポイントについて書かせていただきます。

 

 

 

さあ運動しよう!その前に動ける状態に整えよう


さあ運動しようと思った時、皆さんはしっかりウォーミングアップしていますか?

しているという方も多いと思いますが、

そのウォーミングアップの目的として

・身体を温める

・柔軟性を高める

ということを考えていると思います。もう一つ大切なことは

・身体を整えること!

です。

例えば股関節の動きに左右差があったとしたらどうでしょう?

歩くだけでも片側はスムーズに動くのに

股関節の動きが悪い側は股関節の動きをかばって腰が動いてしまいます

実はこれはよくあります。

歩いている姿を後ろから見ると、片足をついた瞬間に骨盤が外側に逃げる動きをします。

これは骨盤が外側にずれる側の股関節、骨盤に問題があることを表しています。

その状態で歩いていると、歩いているだけで常に腰や膝に負担をかけていることになります。

特に早歩きやスクワットといった、普段ない負荷が加わった時に問題がおこりやすいです。

症状がないときこそ、身体を整えることが大切になります。

 

 

 

股関節しっかり動けていますか? スクワットで動きチェック✔


以前の記事で運動をする上でのポイント、スクワットについても紹介させていただきました↓↓↓
重く辛くなる足を改善するために!運動のポイント☆
今回はスクワット横からのチェックポイント

・膝がつま先が一直線上にある(膝がつま先より前に出ない)

・背骨が真っ直ぐ

となります。

チャレンジしてみください

いかがでしたか?

 

この動きができない場合、まず整える改善エクササイズからすることがオススメです。

 

 

膝がつま先よりも前に出てしまっていませんか?

実はこのつま先が前に出やすく歪んでいるという方が多いです。この状態でスクワットや運動をしていても

・なかなか効果が出ない

・全然痩せない

・膝関節に負担がかかる

・腰に負担がかかる

といった問題が起こります。

パーソナルトレーニングで「日常生活で 痛めにくい体づくりがしたい」「筋肉をつけたい」と来らるクライアント様にもこのチェックを行います。問題があった場合は一般的な筋トレの前に、体を整えることから行います。

クライアント様からは
「運動する以前の問題ですね」
とお声いただくこともあります。

ではこの問題を改善するには?

 

 

 

膝が前に歪んでしまう方オススメ!簡単体操


①肩幅程度に立ち、しゃがんでつま先を持ち胸を張る

②なるべく胸を張ったままお尻を上に持ち上げる
→腿後ろの筋肉(ハムストリングス)に伸び感を感じる

③再度しゃがんでからお尻を上に持ち上げるを10回繰り返す


→姿勢を立てるように意識する

※痛みを感じる時はやめましょう

 

改善ストレッチ後、スクワットをしてみてください

やりやすくなっていたらGOOD

運動前にしっかり整えることが大切です。是非お試しください。

 

 

 

まとめ

・運動前に身体を整えること

・スクワットチェックをしよう

・簡単体操で整えよう

江戸川区大杉で整体院ライフィールを運営。施術や運動を通して「こころ」「からだ」の繋がりを取り戻し、慢性的な腰痛や、心身の不調の改善をサポートしている。技術の高い施術家育成のための講師としても尽力している。二児の父である。
出張施設
・スポーツスパ アスリエ一之江
・スポーツクラブ エンターテインメント A-1町田店

関連記事

  1. 辛いむくみ 免疫力アップに筋膜を緩めて循環よくしよう

  2. 腰痛、肩こり、ダイエットにも!良い姿勢のつくり方を解説

  3. メンタルや意識から体の不調に

  4. 腰痛、肩こりを改善したい方に!オススメIIIエクササイズ

  5. 肩こり、背中の痛み。本当の原因は前側!?セルフケアをご紹介

  6. 膝の痛みの予防/改善にブレない軸をつくろう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。