辛いむくみ 免疫力アップに筋膜を緩めて循環よくしよう

マッサージしてもむくみがとれない
全身の疲労が抜けない
最近免疫力が落ちてきたように感じる

こんな方は体の循環が悪くなっているかもしれません。

それは特に筋膜の制限によって循環が悪くなり、その結果症状として現れていることがあります。

筋膜の制限とは?


筋膜は今やいろいろなところで言われています。
・筋膜リリース
・テニスボール、ストレッチポールを活用したケア方法
まで様々な方法で筋膜を緩めることが言われています。

簡単に、
筋膜とは全身をつなぎ骨や内臓などを支える組織です。

この筋膜が硬くなってしまうと、体はねじれを起こします。すると間を通っている血管、リンパ、神経、経絡などエネルギーシステムの循環を妨げることになります。

循環を改善するために大切になるのが、特に横方向につながる筋膜です。

横方向につながる筋膜


横方向の筋膜には
・骨盤の部分(骨盤隔膜こつばんかくまく)
・横隔膜
・肩の部分(胸郭入口)
・頭の中(小脳テント)

があります。
これらどこかに制限がおこると縦方向に循環している
・血液
・リンパ液
・神経
・経絡

などに問題が起こり

・むくみやすい
・全身の疲労が抜けない
・免疫力が落ちた

といった症状につながります。

例えば、骨盤の部分(骨盤隔膜こつばんかくまく)が硬くなってしまうと、足からの循環が悪くなってしまいます
特に
・静脈
・リンパ管

に影響は強いです。そのため

・リンパマッサージをしてもすぐに戻ってしまう。。。
・歩いていると足がとても疲れる
・慢性的に足が重く感じる

という方は骨盤の部分(骨盤隔膜こつばんかくまく)に問題があるかもしれません。

また、

左肩の動きが悪いという方も

・足が重たい
・足がむくみやすい

といったように足の不調の原因になることがあります。
これは足のリンパの流れは左鎖骨の下にある「鎖骨下静脈角(さこつかじょうみゃくかく)」に戻ってくるためです。

すべて体はつながりバランスをとっています。

足がむくみやすい。足が重たい方にオススメのセルフケア


循環が悪いかもと感じる方はお腹の硬さとして感じられると思います。
実は骨盤の部分(骨盤隔膜こつばんかくまく)に制限があると近くのお腹も硬くなります。

そんな方はお腹をマッサージすることがオススメです。
様々な方法がありますが

おへその周りを「の」の字を書くようにゆっくり揉んであげてください。

お風呂で湯船に浸かって行うとさらに効果的です。

自分ではどうしても改善しないむくみ、つらい全身疲労、体のメンテナンスには当サロンのソフト整体にお任せください。詳細なバランスを評価しあなたにあった手技で全身整えていきます。ソフト整体詳しくはHPより

まとめ


・筋膜の制限は全身にねじれを起こす

・横方向につながる筋膜が大切

・お腹を緩めよう

江戸川区大杉で整体院ライフィールを運営。オステオパシー、ケリーメソッド、エネルギー療法と、様々な療法を学び、統合した【こころーからだのセラピー】で心身の不調をサポートをしている。技術の高い施術家育成のためのケリーメソッドを伝える講師としても尽力している。二児の父である。
活動場所
・整体院ライフィール
・出張施術
・スポーツスパ アスリエ一之江
・施術家、パーソナルトレーナー育成
・企業様向け健康増進運動教室/健康増進セミナー
【こころーからだのセラピー】詳しくはこちら
施術家向けセミナー情報はこちら
ご予約/お問い合わせはこちら

関連記事

  1. 心ー体 自然治癒力をサポートすること

  2. 循環を妨げる3つの隔膜について勉強会を開催させていただきまし…

  3. 同じ姿勢でいると背中が痛むあなたに!背中の筋肉をほぐしてはい…

  4. 腰痛の改善に歪みを改善する 簡単良い姿勢の作り方

  5. ボディートーク凄い!Dr.ケリー・ダンブロジオによるボディー…

  6. Beeps(ビープス)エクササイズタイマーがトレーニングのモ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。