弱いから鍛えるは間違い!?神経を調整することの意義

先日は神経学の学びでした

神経学を学ぶと

「まずは弱い側を鍛えて整えましょう」

という考えがなくなります

皆様も
「こっち側が弱い」

と感じられる方も多いと思います

それは以下のことが考えられます
・筋力が弱いのか
・筋トーンが低下しているのか

この二つでは意味が全く違います
筋力が弱い:その筋肉の力そのもの
筋トーン低下:脳からの調整がしっかり働いていない

ということになります

どちらか鑑別するには
筋力検査(筋トーンを観る)を行います

筋力が落ちていると実感している側の多くは、筋トーンが低下しています。
筋トーン低下状態では、その部分を鍛えてもなかなか効果がでないことが多いです。

筋トーンが低下している時の感覚としては
「なんか力が入らない」
「なんだかフニャっとする」
「安定しない」

となります

そして、この筋トーン低下状態は
・ぎっくり腰、寝違え、肩こり、腰痛
・つまずきやすい、フラフラする
など

に関わるため、運動をする前に筋トーンを改善することが大切になります

Lifeal〜ライフィール〜の運動指導は、この筋トーンを正常化した後に必要な筋力トレーニングやストレッチを指導させていただきます

お身体のお悩みがなかなか改善しないとお悩みの方は一度Lifeal〜ライフィール〜のソフト整体をお試しください
ソフト整体詳しくはこちらHPをご覧ください

セミナーでは科学新聞社にお邪魔しましたので、ついでに最近気になっていたこちらの本を購入できました
しっかり勉強させていただきます

詳しくはこちらhttps://www.chiro-journal.com/2019/11/32333/

LINE始めました

お友達募集中です。健康情報、お得な情報を発信していきます。
ご予約、お問い合わせ、当日の緊急連絡としてご利用いただけます
ご希望の方はクリックしてください↓

友だち追加

最後までお読みいただきありがとうございます

江戸川区大杉で整体院ライフィールを運営。施術や運動を通して「こころ」「からだ」の繋がりを取り戻し、慢性的な腰痛や、心身の不調の改善をサポートしている。技術の高い施術家育成のための講師としても尽力している。二児の父である。
活動場所
・整体院ライフィール
・スポーツスパ アスリエ一之江
・スポーツクラブ エンターテインメント A-1町田店
・ご自宅出張施術
・施術家、パーソナルトレーナー育成
・企業様向け運動教室

関連記事

  1. 膝の痛みの予防/改善にブレない軸をつくろう

  2. 私が毎日行っている呼吸が深くなる体操はコレ!

  3. 膝の痛み予防に!脚のふらつきを改善しよう

  4. 江戸川区で企業様への運動教室を担当させていただきました

  5. 朝起きて階段をスタスタ降りることができるようになりました。症…

  6. 膝痛予防、ヒップアップや脚痩せに効果的なランジ!お尻をしっか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。