テニス肘、臀部痛 ソフト整体を受けてご感想をいただきました

大杉整体院Lifeal〜ライフィール〜の小林です

テニス肘、右お尻の真ん中ぐらいが痛い、ふくらはぎのむくみ
お悩みの方よりソフト整体を受けてご感想をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

40代女性インストラクター R様

体重が前にかかっている事で、ふくらはぎがパンパンになっていたとの事で、ソフト整体を受けて、体重が自分でわかるぐらい少し後ろにかかっているのがわかりました。
ふくらはぎがすっきりして体が軽くなりフットワークが軽くなったのを次の日、感じました。すごくぐっする眠れた!!
運動するばかりで自分の体のメンテナンスをしていなかった。
なかなか自分では、できないので定期的にメンテナンスが必要なんだとすごく感じました。ありがとうございます。

ご感想ありがとうございます。

ご感想誠にありがとうございます。
R様の例を書かせていただきます。

評価


・重心が前に行っている姿勢
・左股関節が開かない(左股関節外転制限)
・ 臀部の筋肉が硬まっている
・腹部の筋膜の制限(骨盤隔膜こつばんかくまく、横隔膜)
・左大脳皮質の機能低下

R様のお腹の筋膜は強く制限されていました。
お腹の筋膜の
骨盤隔膜こつばんかくまく
・横隔膜

は共に横方向につながっている筋膜です。
これが制限される事で、縦に流れている
・血液
・リンパ
・神経
・経絡
・エネルギー

といった循環の制限が起こります。
これは
・足がむくむ
・パンパンに張る
・足が重たい

といった症状に繋がります。
循環が悪い状態では身体が本来持っている自然治癒力が発揮できない状態になります。

以前、このような循環についてこちらの記事を参考にしてみてください。

ソフト整体の施術


左大脳皮質の機能低下も見つかったため最初は反対側から刺激を入れ、左右の神経機能を整えました。
その後、隔膜を解放し、脊柱、胸郭、頭蓋骨を整え酸素をしっかり取り込めるよう調整しました。
大脳皮質を整え、身体が循環できる身体に整えることで、症状が改善されました。

簡単なアドバイス


R様は以上の
・前に重心がいってしまう
・肩が前に行き丸まってしまう
・一歩前に踏み込んだ時に右膝が内側に動いてしまう

以上の癖を改善するため
・前に重心があいってしまう
・肩が前に行き丸まってしまう

正しい姿勢のつくり方

・一歩前に踏み込んだ時に右膝が内側に動いてしまう

お尻の使い方

をアドバイスさせていただきました。
姿勢のつくり方に関してはこちらの記事を参考にしてください。

同じようなお悩みの方に参考になれば幸いです。

なかなか改善しないテニス肘、腰の痛みでお困りの方はLifeal〜ライフィール〜のソフト整体をお試しください。詳しくはソフト整体のページをご覧ください。

LINE始めました

お友達募集中です。健康情報、お得な情報を発信していきます。
ご予約、お問い合わせ、当日の緊急連絡としてご利用いただけます
ご希望の方はクリックしてください↓

友だち追加

最後までお読みいただきありがとうございます。

江戸川区大杉で整体院ライフィールを運営。施術や運動を通して「こころ」「からだ」の繋がりを取り戻し、慢性的な腰痛や、心身の不調の改善をサポートしている。技術の高い施術家育成のための講師としても尽力している。二児の父である。
出張施設
・スポーツスパ アスリエ一之江
・スポーツクラブ エンターテインメント A-1町田店

関連記事

  1. 歯が痛い そんなお悩みも改善!症例のご紹介

  2. 昨日ギックリ腰。。。「ソフト整体」施術をご紹介

  3. 身体の歪みをつくる運動。整える運動

  4. 年末年始の内臓疲労を改善する簡単な方法

  5. 重く辛くなる足を改善するために!運動のポイント☆

  6. アスリエ一之江にてインストラクター犬伏さんのパーソナルセッシ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。