ペッドボトルの蓋を開けるのが大変…簡単セルフケア方法をご紹介

ペットボトルの蓋が開けられない

腰痛改善、脚を強くしたいという目的で来られている85歳クライアント様からご相談いただき

ある運動をお伝えした翌週

ペットボトルの蓋が開けられたわよ

とお喜びいただきました
この症例をブログでご紹介することに対して承諾をいただきましたので、紹介させていただきます

筋力が弱った結果になりますが、簡単なエクササイズで効果大です

ペットボトルの蓋が開けられない。。。


高齢になってくるとペットボトルの蓋を開けるのがきつい

という方もおられると思います。ご高齢の方以外の若い方、筋力が弱い方も多いようです

握力がないから?


というわけではありません。
ペットボトルの蓋を開けるという動作は
肘関節の回転運動によって起こります
ペットボトルを開ける動きをしてみましょう。
その時に肘が回転するのが感じられると思います。

そのためこの、肘の回転運動を改善することが大切です。

腕の動きも背骨と連動する!!


実は腕の動きも背骨と連動します
丸めてペットボトルの蓋を開けるのと、背筋を伸ばしながら開けるのでは力の入り方が背筋を伸ばした方が入るのが感じられると思います。

しっかり背筋を伸ばしながら開けるのもポイントです。

ペットボトルが開けられるようになる簡単エクササイズ


用意いただくのは
タオルのみ(動かした時に動かな棒などでもOK)

これを写真のようにまずはペットボトルの蓋を開ける方向にねじります
タオルがねじれる限界まで行ったら
ペットボトルを開けるようにギューっとねじるように力を入れるだけ!
10秒キープ×3

これだけ
毎日すればすぐに効果が見られるはず

お困りの方は試してくださいね
周りの方にも是非教えてあげてください

お役に立てたら幸いです

江戸川区大杉でストレス解放 自律神経の乱れを整える整体院Lifeal〜ライフィール〜を運営。施術を通して「こころ」「からだ」のつながりを取り戻し、健康な身体づくりをサポートしている。施術のみならず、肩こり/腰痛/膝の痛みの改善、予防のための運動指導、スタイルアップ、ダイエット指導を行なっている二児の父である。

関連記事

  1. 辛いむくみには筋膜/自律神経のバランス

  2. 寝ていて首がつる。神経機能を整えることで改善

  3. 人混みに行くと極度に疲れて自律神経が乱れてしまう

  4. テニス肘、臀部痛 ソフト整体を受けてご感想をいただきました

  5. 膝痛改善!予防に!やってはいけない間違った運動

  6. 1時間座っていたら立ちましょう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2020.03.25

    私が毎日行っている呼吸が深くなる体操はコレ!

  2. 2020.03.23

    適度な運動で免疫力アップ!自律神経とリンパ球の関係

  3. 2020.03.20

    股関節が硬い。ストレッチはダメ!?セルフケアをご紹介

  4. 2020.03.17

    1時間座っていたら立ちましょう!

  5. 2020.03.16

    免疫力アップにもオススメ!「スクワット」注意点