免疫力アップにもオススメ!「スクワット」注意点

大杉整体院Lifeal〜ライフィール〜の小林です

ご年配のクライアント様とお話をすると

家で時間ある時にスクワットを20回しているわよ
Aさん
Aさん

という方もいらっしゃいます。身体の調子を伺うと、

でも膝が重たくなることがあるのよね。痛いわけじゃないんだけど。。。
Aさん
Aさん

小林
小林
ではスクワットを見せてください
はい。
Aさん
Aさん

すると

小林
小林
これは膝が内側に動き過ぎています。しかも、しゃがんできて膝がフラフラとずれていますね。

アドバイスの際、鏡を見ながらお伝えさせてもらいます。

確かにずれているわね。
あ!これが膝が重くなっちゃう原因ね!!
Aさん
Aさん

小林
小林
そうです。実は膝関節はスムーズにまっすぐ動く関節です。これに捻れがおきると、いわゆる歪んだ状態のため負担がかかってしまいます。

こんな事がよくあります。

免疫力アップのために脳の機能を高める事が大切


これは動く事で

脳が刺激される(大脳皮質)

大脳皮質から脳の中心(脳幹のうかん)が刺激される( 網様体 もうようたい

交感神経が抑えられる

副交感神経がやや優位の状態

免疫系が適切に働く

となります。
スクワットは全身を鍛えるだけでなく、脳を活性化して免疫力アップにもオススメです。

さらに脳は

右と左でバランスをとっています

右を動かせば=左の大脳皮質が活性化
左を動かせば=右の大脳皮質が活性化

このように動いたのとは逆の大脳皮質が働きます。そのため、右ばかり使っていると左は活性化しますが、逆に右は低下します。または、左が使われすぎで疲労することもあります。

いろいろと頭で考えすぎると思考や計画をする側である左側の脳が疲労し、機能が低下します。

頭を休めること、リラックスをすることも大切ですね。

さて、スクワットの注意点に戻りますね。

スクワットは膝の方向を注意しよう!


膝の方向は、以下の部分がまっすぐのこと

腿の真ん中(大腿骨の真ん中)

膝の真ん中

足の人差し指

がポイントです。
鏡でみてもわかるのですが、少しズレに関しては見逃しやすいように感じます。
そのため
膝の上から覗き込むのがオススメ

多くは下がっていくと
・膝が内側に歪む
・お尻が右か左どちらかにずれる

以上の歪みが見られる時は、深くしゃがまずに歪みがない程度にしておきましょう。

痛みがある方はやめましょう。

スクワットの膝の歪みは上半身から⁉︎


実は上記した膝が歪んでしまっているのが、
上半身の背骨が丸くなったり左右のねじれが出ていると

骨盤が歪む

股関節が歪む

膝が内側に歪む

ということがあります。そのためしっかり上半身の背骨をたてて良い姿勢を意識して行うことが大切になります。
上半身のいい姿勢は過去のこちらの良い姿勢になります。

しゃがむと多くの方は背骨が丸まってしまいます。そのため、
・手を腿の付け根におく
・肘を後ろに引いたまま行う


のがオススメです。

膝がつま先より前に出てしまう方はこちらの記事を参考にしてくださいね

まとめ

・免疫力アップに正しくスクワットをしよう
・動くことで脳が活性化し副交感神経アップ

LINE始めました

お友達募集中です。健康情報、お得な情報を発信していきます。
ご予約、お問い合わせ、当日の緊急連絡としてご利用いただけます。

ご希望の方はクリックしてください↓

  • 友だち追加

江戸川区大杉でストレス解放 自律神経の乱れを整える整体院Lifeal〜ライフィール〜を運営。施術を通して「こころ」「からだ」のつながりを取り戻し、健康な身体づくりをサポートしている。施術のみならず、肩こり/腰痛/膝の痛みの改善、予防のための運動指導、スタイルアップ、ダイエット指導を行なっている二児の父である。

関連記事

  1. 肩の痛みに全身のバランスが大切!肩だけで動いているからが原因…

  2. 年末年始の内臓疲労を改善する簡単な方法

  3. 自宅でできる免疫力アップ体操「呼吸2」

  4. 膝の痛み 股関節のバランスから!重要な筋肉をご紹介

  5. 運動会の疲れ 首を寝違えてしまいました。。。

  6. 自律神経の乱れ、長年の辛い肩こり、腰痛に!原因のストレスは潜…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。